中華料理居酒屋 方庄の紹介

有限会社方庄が運営している中華料理居酒屋です。

方庄の店内は北京現地を再現しております。お店に入ると、北京へ旅した気分になれます。本場で修業した調理師を中国から招聘し、現地の味をご堪能いただけます。

 

中華料理と北京料理の違いは?

中華料理と北京料理って何が違うの?という疑問を抱く方かなり多いと思います。

日本でよく聞く中華料理は、中国で食べている料理の総称で、世界三大料理の一つに名を挙げられております。中国本土では地方分類でさらに八大中華料理に分けられております。

・山東料理
・江蘇料理
・浙江料理
・安徽料理
・福建料理
・広東料理
・湖南料理
・四川料理

では、北京料理はなんだろうか。

1402年、明朝の建文帝が北京に都を移した後、王族、貴族が食べていた宮廷料理および、北京の郷土料理を総じて北京料理と呼ばれています。

宮廷料理とは、各地にいた優秀な調理師を北京に集め、特色メニューをさらに洗練された料理です。来見栄えはよく、味が繊細な料理が多いことが特徴です。

味がまろやかなので、日本人の味覚に合うものが多いと考えております。

また、方庄では、中国の宮廷料理のみならず、北京のご当地グルメも味わっていただくことができます。点心はすべて店内で手作りしており、材料は日本で仕入れしておりますので、安心してお食事していただけます。